教育ローン変動金利タイプはリスクがある

【教育ローンの利用ではリスクについても考えておく】教育ローンと言えども、金融機関が行っているのはビジネスが目的であり、決して慈善事業ではありません。
ビジネスである以上、利益追求を目指しているのですから、決して利用者の立場だけを考えているわけではありません。
と言うことは、たとえ「お得なキャンペーン」などと銘打って、いかにも利用者に有利な宣伝文句を並べていても、それは見せかけだけの場合が多いのです。
つまり教育ローンと言えども、注意してかからないと大きなリスクを背負う破目になるかもしれないのです。
リスクの一つに金利タイプがあります。
教育ローンの多くは変動金利タイプを採用しています。
したがって申込時にはいかにも安い金利に見えても、いつ変動して高くなるか分からないのです。
したがって固定型も含めて、金利タイプは慎重な検討が必要です。
また繰上返済にも注意が要ります。
一般的には繰上で一括返済すれば利息が得になる、と考えがちですが、そうとばかり言えません。
なぜなら繰上返済には高い手数料がかかるからです。