クレジットカード審査なぜ落ちる?

クレジットカードの入会審査は、各クレジットカード会社により審査基準が様々です。
また基本的にはカードの発行不可となった場合の理由につきましては、教えていない会社がほとんどです。
ですが一般的には、基本的な審査に関するチェック項目がありますので、それをクリアーしていれば、よほどのことがない限りはカードの発行を拒否される場合はないと思われます。
落ちる理由としましては、一定額を超えた借入額がある場合や、過去に延滞などの事故がある場合などです。
これは、新たにカードを発行したとしても、確実に支払えるかどうか不安となるからです。
借り入れのうちに住宅ローンなどはあまり影響せず、延滞していなければまず問題はないです。
そのほかには、勤続年数が少ないですとか住居を頻繁に変えている人も落ちる場合があります。
頻繁に転職を繰り返すと社会的信用度が低くなってしまいますし、正社員以外では定期的な収入が見込めないなどといったように、返済能力が乏しいと判断されるからです。
また一般的には賃貸よりも持ち家の方が通りやすいと言われています。