母性看護専門看護師って?

最近は晩婚化傾向で高齢での出産も多くなりました。
また、医療の進歩により不妊治療などの効果が上がり、妊娠や出産の背景も変わってきました。
また核家族が増え、相談相手や協力者がいない事も多く、1人で育児をしなければいけなくなり、ノイローゼになってしまう事も。
その結果、幼い子供を虐待する事で、最悪命を奪ってしまうような悲しい事態も発生しています。
このような複雑で、対応の難しい問題に対しても対応出来るように、レベルの高い知識と技術を持った、母性看護専門看護師というスペシャリストがいます。
この母性看護専門看護師になる為の教育カリキュラムでは、周産期の母子援助か、女性の健康への援助か、地域の母性援助のいずれかを専攻します。
また女性の生活全般に於いて最適なケアが出来るようなカリキュラムが組まれ、それを取得する事で、クオリティーの高い看護をする事が出来るようになるのです。