人気だったユーロの外貨mmf。いま資産運用に向いてるのは?

過去には、円よりも高金利で経済圏にも安定成長のドイツを含んでいることから、ユーロの外貨MMFも人気がありました。
しかし現在ではどの金融機関もユーロ建ての外貨MMFは扱っていないようです。
大手で扱っているのは、野村証券くらいかもしれません。
2012年のギリシアを発端としたユーロ危機のときに、それまで預けていたユーロ建て外貨MMFはほとんどの証券会社で償還されてしまい、新たな購入も出来なくなってしまいました。
ユーロというのは、多くの国が集まってできた経済圏です。
同じユーロという通貨を使用していても、各国の事情がだいぶ違っています。
ギリシア危機のときはギリシア債の格付けが下がってしまい、金利は急上昇しました。
その反面、信用力の高いドイツの債権の金利は下がるという現象が起き、市場の混乱からファンド運用会社が運用不可能だと判断したのが理由です。
外貨MMFを徹底比較!手数料が安く利回りが良い業者を選ぶコツ